なぜ料亭などで
利尻昆布は扱われているのか?

なぜ料亭などで利尻昆布は扱われているのか?

利尻昆布は、主に高級割烹店や関西地方などで使われています

利尻昆布の特徴は、出汁が濁らないこと。
透き通った出汁は、薫り高く上品な京料理で愛されてきました。
関東の昆布が食べる文化なら、関西は昆布で出汁をとる文化。
この文化の違いにより、利尻昆布は主に関西の料亭で非常に高い評価を受け、使われ続けています。

塩味があり、出汁をとるのに最適な昆布です

利尻昆布は、煮出しでも水出しでも出汁がとれます。食材との相性に合わせてお試しください。透き通った出汁はどちらも上品な味わいです。

一括りになっている利尻昆布も、実はとれる地域によって様々な味わいになります、
当店でご紹介している昆布は、利尻島の漁師「神成 誠」自ら採取している最高級の利尻昆布です。

リシリコンブ[利尻昆布] 上品なだし汁 高級コンブ